目安量の範囲で摂取しよう

サプリ

お腹の調子を整えてくれる乳酸菌サプリは、目安量の範囲で飲むようにしてください。大量に飲むほど効果的と思うかもしれませんが、適量を守らないと逆効果になりかねません。確かに乳酸菌サプリは食品に分類されるので副作用はありませんが、飲みすぎは栄養バランスを崩すことになります。乳酸菌サプリは善玉菌を活性化させますが、お腹の元気のためには悪玉菌も必要です。サプリの利用において大切なのは、一度に大量に摂取することではなく、長期的に継続して体質を変えていくことです。長年の生活習慣によって乱れてしまった体質は簡単には変えられませんので、数ヵ月は飲み続けてください。デリケートな体質の人は目安量の半分くらいから始めるのもよいです。

食生活の改善もあわせて実施を

サプリ暖色

乳酸菌サプリはお腹の健康を増進してくれますが、サプリを飲むなら食生活も見直していく必要があります。サプリは栄養機能食品、つまり食事で欠乏する栄養素を補うための食品であり、バランスよい食事を意識したうえで摂るのが基本です。偏食や欠食をして栄養バランスが崩れている状態で、乳酸菌サプリだけを摂取するのは避けてください。お腹を元気にするには食物繊維が必要ですから、普段から野菜や豆類をたくさん食べることが大切です。

腸内細菌のバランスを整える

女性

サプリにはそれぞれ目的があり、乳酸菌サプリは腸内細菌の乱れたバランスを調整します。善玉菌2に対して悪玉菌1の割合が好ましいですが、年齢を重ねるとバランスが崩れてきます。悪玉菌の割合が増えてきて、腸のぜん動運動が鈍って便秘のリスクを高くするのです。便秘は本来排出するべき老廃物を蓄えている状態ですから、身体によいはずがありません。乳酸菌サプリで善玉菌の割合を増やしていけば、便秘を予防したり肌の調子を整えたりできます。

摂取により得られる体調変化は

サプリ暖色

数ヵ月にわたって乳酸菌サプリを摂取した人は、よい方向に体調変化があったと答えています。最も多いのは便秘が解消してお腹のハリが軽減することです。あまり食べていないのにお腹が張っている人は、腸内にガスが溜まっている可能性があります。便秘になるとガスを溜め込みやすくなるので、腸内バランスを調整して追い出していくことが大切です。乳酸菌サプリで腸の動きが活発になれば、宿便を追い出せることも多いです。排出するべきものを追い出していく機能のことをデトックスと呼んでおり、この作用が正常だと健康維持が容易になります。病気とは診断されないけど体調は好ましくないという場合は、乳酸菌サプリを飲んでみる価値があります。

広告募集中